新着情報

一覧をみる
RSS

おかげさまで十周年

2010 / 08 / 20    カテゴリー: 新着情報

おかげさまで十周年を迎えます。
8月30日から9月10日まで、10周年記念キャンペーンを開催いたします。
乞うご期待ください。

ipad発売日に購入!

2010 / 05 / 31    カテゴリー: 新着情報

先日28日に渋谷まで行ってipadを購入してきました。
いや~これは革命ですね!
当院でも早速、患者さん向けにipadを用いて骨や筋肉の説明する際に使用しています。

エナジートロンとは

2010 / 05 / 14    カテゴリー: 新着情報

東洋医学とは

2010 / 04 / 27    カテゴリー: 新着情報

◆人体には、主な『ツボ』が頭の先から足の先まで361ヶ所あります。
 これは、人体の中を流れる14本の異なる働きからなる【経絡】(けいらく)からなっております。
この縦に貫く経絡(気の通路・ネットワーク)上に【経穴】(けいけつ)、ツボがあるわけです。
経絡は、内臓とつながり内臓の弱りは、経絡とツボに現れます。

◆ツボには、虚(きょ)のツボと、実(じつ)のツボがあります。
 ツボは専門的には、虚(きょ)のツボと実(じつ)のツボの2通りの反応を現します。
それを具体的にご説明します。虚のツボとは、ツボを押したときに、ツボに弾力性がなく、タブタブと弛緩して
、凹陥下、へこんだ感じがします。 鍼を刺入したときに、鍼先に抵抗感がなく、スーッと鍼が入ってしまいます。
この状態は、組織や筋肉の働きが低下したツボです。 気血の不足、元気の不足を意味します。
この機能が低下した虚のツボは、弱い刺激を与え、ツボの血流をよくすることが原則です。
(専門的には、身体の免疫力、抵抗力が低下してしまい、薬物を飲んでもなかなか改善しない症状のときに、
虚のツボに『補法』の手法を加えますと、効果があります。)この手法によって、内臓の働きを活発にして、
身体に元気、回復力を与えます。

◆機能を高める手法を補法と言います。
 この考え方は、東洋医学(鍼灸医学)でのツボに対する考え方になります。

生体観察における超音波

2010 / 04 / 15    カテゴリー: 新着情報

■周波数による違い
超音波による生体組織の観察には、一般的に2MHz~10MHzの周波数が利用されます。
心臓や腹部では2~3.5MHz、乳腺や甲状腺では7.5~10MHz、眼科領域では10 MHz、
骨や筋腱組織では、5~7.5MHzが利用されます。
観察部位と周波数の関係を要約すれば、皮膚より距離が近い部位では高い周波数を用 い
距離が遠い部位では低い周波数を用います。これは、超音波が生体組織内を伝播する際の、減衰と周波数の関係によります。

■生体内の反射の強さについて
生体内の各組織は、それぞれ特有な音響的性質(※これを音響インピーダンスといい、組織の音速と密度の積で表されます。)
をもっています。反射はこの音響的な性質の異なった境界で起こり、その境界での変化が大きいほど反射が強くなります。
 また、組織や臓器の境界など反射する面に対して、超音波がどのように当たるか(入射角度)によっても反射の強さが変化します。
直角に入射する場合がもっとも強く、入射する角度が浅いほど反射は弱くなるわけです。つまり、超音波診断装置を上手に使うポイントは
観察したい骨や軟部組織に対して垂直にプローブをあてる事です。

■音響陰影について
超音波が通過する過程に強い反射体や吸収体があると、超音波の通過が妨害されて、その後方には無エコーまたは
低エコー域が描出されます。この現象を音響陰影と呼んでいます。
下図は超音波による腓骨下端部の断層像ですが、骨の強い反射によりその後方が低エコーになっているのが確認できます。

■超音波画像の表示方法
超音波診断装置は、超音波のパルスを生体内に入射し、反射して戻ってきた超音波 パルス(エコー)をコンピュータ上
に取り込んで処理し、CRTなどの表示部に表示 して、組織の形状や性状を知るための装置です。
  エコーの強さや形は、反射対象の大きさや形、周辺組織との固有音響インピーダン スの差異により異なり、伝播する
間に組織によって減衰や散乱を受けた結果となって います。即ち、組織の音響的性質を反映しており、病変部は正常
組織とは音響的性質が異なるので、画像判断が可能となるわけです。

話題の酸素カプセル導入してます

2010 / 03 / 25    カテゴリー: 新着情報

西武・菊池雄星投手(18)が、ファイテン社の酸素カプセル(ファイテンO2ハードタイプ)
を購入したことが5日、分かった。価格420万円の高圧酸素治療器で、日本ハム
ダルビッシュや阪神・金本は旧型を愛用している。
キャンプ終了後にも埼玉・所沢にある若獅子寮の自室に運び込まれる予定だ。
「50歳まで現役」を目標とする左腕が、ハイテク機器とともに、超一流選手の仲間入りを目指す。

このカプセルは、中に入って密閉し、気圧を上げて酸素を送り込むことで、新陳代謝や身体機能を
向上させる、いわゆる高圧酸素治療器。
疲労回復には最適で、日本ハムのダルビッシュ、阪神・金本らも同社の旧型を購入し、自宅で
愛用しているという。特に金本は1474試合連続フルイニング出場という世界記録を持ち、現在も継続中。
08年のシーズン後の左ひざの手術から復活するなど、酸素カプセルの効果は大きかった。

詳細はコチラ

不二整骨院WEBサイトオープン

2010 / 02 / 22    カテゴリー: 新着情報

不二整骨院WEBサイトをオープン致しました。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。